FC2ブログ

BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~

木崎と申します。内容は那谷寺清水基金の国際NGO活動や、SMRIの福島キッズキャンプの事など。

亡命政府関係者との食事会

ダラムサラ到着の夜、チベット亡命政府の内務大臣、
教育大臣、各事務次官とお役人たちに食事会を催して
もらいました。

DSCF2276.jpg


お役人さんといっても、日本の役人とはイメージも気概も
全く違います。

まさに私利私欲を捨て、祖国のために尽くしています。
大臣といってもすごく質素で、法王様の教えを実践しています。

教育相のお話の中で非常に感銘をうけました。

「我々は子供たちに、食べ物もエネルギーも生命の為に良いもの
をあげたい。水にも気を使い、農薬を使わないオーガニックの
食べ物をなるべく提供している。
子供の中に、本物の命が巡るようにしてあげたい。
教育も法王様の愛を実践できるものにしたい。
世界の先進国の教育は、いかに他を蹴散らかすかの教育をしている。
そしてそれは、いかに贅沢をできる人間になるかという欲望のための教育だ。
今の世界はどんどん「新しいものに買い換える世界」だ。
どんどん欲望は拡大し、「足りなく」なる。
今まで1000ルピーで足りていたものが、すぐに2000ルピー3000ルピー
欲しくなる。次の世には、大変なことになるのは明白だ。
我々はそんな欲張りな人間を作るのではなく、反対の教育をしたい。
他の為に尽くす喜びのための教育をしたい。
金持ちが牛耳る社会でなく、慈悲があまねく照らす社会を作りたい。
しかし、そのような考え方は、金持ちの為の世界では馬鹿にされる。
非常に悲しいことだが、法王様を信じてがんばっていく。」

国を持たない人々の指導者と、日本の大臣と比べてどうなのだろうか。
日本の教育は、何をめざしているんだろうか・・・・

ツェワン!君みたいな人間がどうして存在しているか分かるような
気がしてきたよ。



そして、今回運良く、首相にもお会いすることができました。
チベット人の誰もが敬愛してやまない方です。
このたび勇退をされ、選挙が行われます。

DSCF2256.jpg




すごいオーラでしたよ。
別窓 | NGO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ペレットストーブ | BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ | ダラムサラへ!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ |