FC2ブログ

BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~

木崎と申します。内容は那谷寺清水基金の国際NGO活動や、SMRIの福島キッズキャンプの事など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

チベット支援2014 その2 サトゥン

タシ・デレーッ!

さて、大変な移動を繰り返し
毎年来ている、サトゥンの難民居留区にやってきました。
かなり山手の方まで来ています。


IMGP2459.jpg

ここはARTICや清水基金の支援もあって、近年ずいぶんよくなってきました。

IMGP2433.jpg

人口も増え、家も綺麗に直していました。



数年前から取り組んできたのは、お寺の宿坊の建設でした。
どうして、難民支援なのにお寺?とお思いでしょう。
我々も最初は釈然としませんでした。我々の思いは子供の教育の事とか、文化の継承の事とか。

しかし、ここが日本人の考え方とチベット人の考え方(生き方)の違いです。
彼等は仏教を大きなよりどころとしています。
お寺が栄えるところには、人が集うのだと。

まちつくりに真剣に取り組む、リンポチェ(生まれ変わってゆくお坊さん)の熱い思いがあり
僧坊を建設しました。

IMGP2379.jpg

IMGP2381.jpg

IMGP2380.jpg

凄くきれいな僧坊が出来ました。
感謝の気持ちとして、お釈迦様の像を頂きました。
持って帰るの、重かったよ~~。

IMGP2464.jpg



これで、お坊さんが寝泊まりし、リンポチェの下で修行をすることが出来ます
(お坊さんは一般の人と離れて暮らさなければいけないので、一般の家には住めないのです)

すると、どうでしょう。
元々、徳のあったリンポチェですから、すぐに6人のお坊さんが身を寄せるようになりました。
そして彼等は、外国やこのキャンプ出身の方々に声をかけ寄付を集めて回りました。
とうとう、自分たちの力で本堂をリフォームしてしまったのです。

IMGP2438.jpg
IMGP2455.jpg

IMGP2452.jpg

凄く立派になりました。
そして、本堂前に村人が集うスペースも作ったのです。

IMGP2473.jpg

するとどうでしょう!喜んだのはキャンプの住人達です。
いつもお経をあげてもらえる。
お坊さんが村を見守ってくれる。
すばらしいお寺に、いつでもお参りが出来る。

ということで、キャンプに活気と喜びが満ちてきました。

そして、キャンプを離れていた人や、住むところのない人たちがこの何もなかったキャンプに引っ越してくるようになりました。
数年前まで、村全体が「灰色」だったのですが、住民たちは家も綺麗に直して、村に彩が生まれてきました。
驚くべきことに、各戸に電気が通じていました。(前は代表事務所と集会所に裸電球があるだけだった)


ちょうど今日はチベット正月のお祝いの日。

IMGP2413.jpg

ここにこんなに人がいるのを見たことがありません。
しかも若い人や、子ども達も!!

いやー、目から鱗でした。




僕たちも新年のお参りに参加させて頂きました。

IMGP2398.jpg






新年のお祭りです。




こんなに活気が!! 数年前では考えられない!
やはり、リンポチェに先見の明があったということでしょう。


IMGP2421.jpg


皆楽しそうです。

IMGP2418.jpg


そして、お正月パーティーのご接待をうけました。

IMGP2469.jpg


おいしかったよ~。

IMGP2465.jpg

ありがとうね~~。



その3に続く
別窓 | NGO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<チベット支援2014 その3 カムラオ | BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ | チベット支援 2014 その1>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。