FC2ブログ

BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~

木崎と申します。内容は那谷寺清水基金の国際NGO活動や、SMRIの福島キッズキャンプの事など。

ドンパレープの子どもたち 4

そんなことがあって、オオンを無理やりまた学校に戻すわけにもいかない状況になりました。
奨学生第1号になるかと思っていたオオンは結局うまく行かなくなってしまいました。
彼女は深夜までの仕事で図書館にすら来る時間がなくなってしまっていたのですが、
結局最近カラオケ屋もやめてしまいました。
まあ普通のカラオケ屋とはいっても、やっぱり夜の仕事だし、それはそれでよかったのですが、
次の仕事がはじめられないままでいます。

奨学金制度を立ち上げようと、意気盛んに乗り込んだのですが、
学費を援助するだけでは結局機能しないことがよくわかりました。
学費が払えない子供は結局、普段の生活のお金もないのです。
しかし、生活費も含めたスポンサーシップ制度を作っても、お金を親に渡してしまったり、
子供に渡してしまったりして、はたして本来の目的に使われるかも疑問です。
勉強する意味を理解できないのに、本当に勉強したいという意思を持ってくれるかも難しい。

DSCF3494.jpg


学校に行くためのインセンティブを親にも子供にも与えるために、
給食プロジェクトのようなことも、できないか話し合いました。
学校に行ってる子供たちは、昼食は昼休みに家に帰って食べます。
その時に貧しい子供たちは昼食にありつけないので、
その子たちのための小さな「こども食堂」みたいのを作って、
奨学生に栄養価の高い食事を提供するというものです。

しかし、この地域全体の子供たちを対象にすると大変な数になりますし、
同じドンパレープにいる奨学生と学校に行っていない子供たちを区別することの難しさもあります。
安井さんは今の活動に精一杯で、じゃあ、いったい誰がどのように「こども食堂」をやるのか。
ラオスの法律や許可の問題など、いろいろハードルが多すぎます。すぐにはできそうもありません。

目の前の困難に打ち勝ち、将来の目標を持ちながら勉強する。
ということは、この環境の中で生まれた子供たちにとって、本当に難しいと感じました。
遠い国から来た日本人が少しの間、手を差し伸べるだけではなんともできない
ということを思い知らされました。


彼女たちは子供ながらに「将来に夢を描く」ことが難しいということをわかってしまっています。
夢を持って、それに向かって頑張れる人になってほしいと、僕たちは思うけれど、
彼女たちを取り巻く環境は、そんなことを許さないのです。

DSCF3497.jpg


ドンパレープをの貧しい家を訪れてみると、一見、飲んで歌って騒いで楽しそうです。
それはみんな、「その日暮らしの考えなし」だからです。
先のことなんか考えてもしょうがないわけです。
それで簡単に麻薬にも手を出してしまう。
自給自足の農村から物事を知らないまま出てきても、都会ではこうなってしまう。
もともと悪い人たちではなく素朴で優しい人たちです。
大人たちでさえ、こんななのに、子どもたちがその状況を乗り越えるなんて大変なことです。



けれど「将来の夢」をこの図書館で見つける子もいるのではないでしょうか。
劇団を作って発表に招かれたこともあります。
見たこともない外国人(僕も含め)といろんな体験をしたり。
この環境の中では決して味わうことのできないことをこの図書館は提供しています。
ここから、子どもたちは外の世界とつながっているのです。

僕は将来ラオスの子供たちが日本で(自生園で)
介護士になる道を作ってあげられないかとも思っています。
そのためにはやはり「教育」です。
しかし、基礎的な教育さえ続けていけない現実がここにある。

DSCF3491.jpg


安井さんは、オオンに
「ノリも心配していて、何でもすると言っているよ。
私も、オオンが勉強したいという気さえあれば、いくらでも協力したいんだよ。
あんたは、自分の子とか妹とかとかとおんなじだからね・・・・」
と言ったのですが、

オオンは
「いいの。私は今、働いてお金ためて、あとで勉強する。
来年の8月に、学校から移動許可を得て、他の学校に入り直して勉強する」
と言いました。

「本当にそうするの?」「うん」
と言うので、「なら、あきらめちゃだけだよ。お金足りなかったら、いつでも応援するからね」
と安井さんはオオンに伝えました。

たぶん、オオンはもう学校には戻らないでしょう。


ここでは、よほど高学歴まで勉強するか、金持ちの子でもない限りは、
たとえ学校へ行っても、つける仕事などは限られます。
ただ「学校に行かせる」だけでなく、ドロップアウトした子も、
将来に夢を見られるようなことを考えていけたらと思います。
職業訓練校に通って手に職をつけることも、その一つでしょう。


ただ、少なくともこのドンパレープ図書館は、子ども時代に、
ほんとうに子供らしく過ごせる場所なんだなぁと、あらためて感じました。
安井さんのしていることは、本当に意義のあることです。


安井さんの図書館に来たユイ、テン、ノイらに
「あんたたち、また勉強したいの?」
と聞くと、勉強したい。と言ったそうです。
安井さんは
「きっとね、今は難しいかもしれないけど、
9月の新学期が始まる時にまたやり直せるのなら、その時、お金の問題は、
ノリも手伝うって言っているから、あきらめないで。
とにかく勉強したいっていう気持ちがあるんだったら、
今度学校に戻れるようにがんばろうよ」
と言うと、皆ウンと言っていたそうです。

DSCF3490.jpg



現時点では、奨学金プロジェクトも、給食プロジェクトも難しい状況です。
しかし、子供の時間をあっという間に奪われ、めちゃくちゃな大人の世界でもがいている
目の前の子どもたちを、何にもせずに「難しい」だけで済ませたくない、、、とも思っています。

可能性をゼロにはしたくない。
選択肢はいつでもあるんだということを伝えてあげたい。
少なくとも彼女たちに希望を持たせてあげられるように、知恵を絞りたいと思います。


あれこれ考えを巡らせて、眠れない夜をビエンチャンで過ごしました

別窓 | NGO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ラオス番外編 | BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ | ドンパレープの子どもたち 3>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ |