FC2ブログ

BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~

木崎と申します。内容は那谷寺清水基金の国際NGO活動や、SMRIの福島キッズキャンプの事など。

いわき再び

福島のいわきに再び行ってきました。

小名浜では新たな避難所が出来ています。
それは原発の避難地域から逃げてきた人たちです。
今回移動してきたいわき市外の人たちの、避難所は
市内の旅館を借り上げている場合が多いのですが、
「県の」避難所ということで、いわき市に情報がありません。
いつの間にか居た・・・という感じで、ボランティアセンターでも
情報がありません。支援は僕たちが初めてだそうです。

今回一緒に来てくれたのは、田島伸二さん(国際識字文化センター代表)

http://profile.biglobe.ne.jp/id/tajimashinji/index.do

長いこと、パキスタン、ミャンマーほか、とても厳しい環境にいるこどもたちのための教育支援そのほか、
幅広い活動にかかわってこられました。

お話会と、絵地図ワークショップを開催してくれました。

http://tajimashinji.at.webry.info/201105/article_4.html


お話会は僕までグッときてしまいました。

map (1)


絵地図ワークショップは
一種心理マッピング+おもいきり絵や文字をつかって表現するものです。 

自分の心を確認したり、共有したりすることで、葛藤をかかえる人が、
自分の未来への行動の指針を自分でみつけられるようにするものです。

その絵地図のさわりだけですが、やってもらいました。

map (2)


こんな時でも、子供たちの心は前に向いています。

大人の心は切実です。
もう戻れないと分っているけど、戻りたい。
これからどうなるのか。
仕事、教育、住居、安全、生活全ての先が見えない。
そんな中でも、一緒にがんばろうと親子で確認しあえました。
大人から子供への誠実なメッセージに、感動しました。

map (4)


一方では、小学校などのような体育館の避難所は閉鎖の方向です。
いわきは仮設は作らず、公営住宅や空きアパートに入居してもらう方針。
前回行った江名小学校は閉鎖、南の森スポーツパークも80人ぐらいに減っていました。

DSCF3083.jpg


20日には小名浜ボランティアセンターと地元支援者、そしてチベット支援を
一緒にやってるれんげ国際ボランティア会とミーティングをしました。
体育館で雑居のような、環境の悪い状況は解消されるが、今後は
地域にバラバラに散らばって埋没し、見えなくなっていく恐れがあるとのこと。
ボランティアセンター(ここは民間NGOで運営している)では、その人たちの
行方と継続的な支援をどう行っていくかが大きな課題だとおっしゃっていました。
今後は心のケアが大切で、自殺や孤独死が起こらないようにしなければと。

これから、何をしていけばいいのでしょう。
我々も悩みます。

また、地元スカイストアーさん
http://www.gurutto-iwaki.com/detail/index.cfm?cl_id=586からの野菜や物産を小松で販売できないか
検討中です。どなたか売り場を作って、売ってくれませんか?
別窓 | NGO | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<バイオマス視察 | BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ | チャリティ大鍋>>

この記事のコメント

避難した先で生きていくって、たいへんなことだと
阪神大震災で金沢へ移ってきた友人がいっていました。
何度も死にたくなった、とか、ずっとひきこもってた、とか・・・。


絵地図、いいですね。
子どもたちが、どんなことを書いたのかたいへん気になりました。

毎日小学生新聞が、最近気に入っており
その中で、『僕のお父さんは、東電の社員です。』
という男の子の手紙が紹介されていました。
http://news.kids.yahoo.co.jp/headline/article/20110518-00000001-maiel-kids.html

「ぼくは、東電を過保護しすぎるかもしれません。だからみんなで話し合ってきめるべきなのです。」
って、書いていること、私は“すごい!”と思ったけれど
避難している子どもたちは、彼の手紙を
読んだらどんなふうに感じるのかなぁ、と気になりました。

住んでいたことを追われてしまう現実とか
それまで築いてきた関係性が絶たれるということの意味を
このゆうだい君という子に伝えたいと思うけれど
私もよくわからなくて、手がとまったままです。

なんとなく書きたくなりました。
ではでは。。。
2011-05-23 Mon 18:02 | URL | せいこ #-[ 内容変更] | top↑
絵地図、おもしろかったです。
ブラスをやってた子が、もう一度フルートを皆で吹きたい。
とか、かわいいのはケーキ屋さんになりたいとか!
子供って前を向いております。

大人は切実でした。

けれど、大人と子供が向き合っているこの人達は
素晴らしいと思いました。
2011-05-24 Tue 17:40 | URL | じょうむたん #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金・SMRI ~ |