BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金 ~

木崎と申します。内容は那谷寺清水基金の国際NGO活動や、東日本大震災支援、社会福祉法人自生園のことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

チベット支援2014 その5 チョンタラ学校訪問

我々がずっと支援しているチョンタラの寄宿舎学校を訪れました。
ダラムサラから車で約3時間の場所です。

IMGP2594.jpg


遠くの難民キャンプからやってきた330人の子ども達が寝食を共にしています。
辺境のキャンプでは、自由に学校を作ることもできず、また、先生の確保も困難なのでこのような学校に集められるのです。
先に報告した事情により、このキャンプも2年前には450人いたのですが、ずいぶん減ってしまいました。

ちょうど朝の礼拝が行われていました。

IMGP2588.jpg

大きい子ども達が小さい子にお経を教えています。

IMGP2584.jpg


僕が里親をしてる子と2年ぶりの再会です。
しょっちゅう手紙をやり取りしてて、近況はわかっているのですが、実際会うとホントに大きくなっててびっくり!

IMGP2596.jpg


手紙ではいろんなことを書いて来るのに、会うと恥ずかしくて思うように話せないようでした(笑)
お互いにかけがえのない時間を過ごすことが出来ました。

IMGP2601.jpg


クラフトエイドのワークショップを行いました。

IMGP2610.jpg

彼女たちが手作りで作ったクラフト(お守り)を、那谷寺にて販売します。
その収益を学校に還元するのです。

真剣に取り組んでおります!

IMGP2612.jpg

おおっ!みんな上手だねー!!

IMGP2611.jpg


昨年実施した、井戸の掘削工事の現場を視察しました。

(これは工事の様子)
1982329_431571033655036_1005138248_n.jpg

(完成の状態)
IMGP2637.jpg

これで子ども達の飲み水も安心です。



帰り際に子ども達がこれを見てほしいと、呼び止められました。
明日はラサ蜂起の日で、近くの町にデモに行くのだそうです。
その練習を見てほしいというのです。

1939862_436920136453459_1051501833_n.jpg

彼女たちの声に、校舎にいた男の子たちも呼応しだしました!

子ども達とはいえ、このような状況は日本の我々には考えられないことです。
突然出会うこのような出来事に、彼らの「難民である」という事実を感じます。



翌日の「ラサ蜂起の日」の様子を報告してくれました。
55年前の3月10日、文化大革命に伴う人民解放軍の攻撃に対して、30万人のチベット人民が身を挺してポタラ他宮殿を取り囲み、ダライラマ14世を守った。
「チベット蜂起の日」、僕の娘もデモに参加しました。

1926935_438094893002650_1938553448_n.jpg


彼女は自分がチベット人であることを、そして法王猊下の庇護のもとにあること誇りに思っていると言っていました。
国を持たないということが、どれだけ危うい状態にあるかは、我々には想像できません。


奇しくも明日は、3.11。東北の苦悩も続いています。
僕たちにできることは何でしょう。


この子たちの笑顔が泣き顔にならないように、、、

20140308_121812.jpg



これにて今年のインド視察の報告を終わります。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金 ~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。