BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金 ~

木崎と申します。内容は那谷寺清水基金の国際NGO活動や、東日本大震災支援、社会福祉法人自生園のことが多いです。

ラオス報告(2012.9)

9月に清水基金が支援するラオス、ビエンチャンは、ドンパレープの図書館を訪れました。

P9161551.jpg

「ラオス山の文庫基金」の安井清子さんと、旦那さんのノイさんが運営しています。

P9161556.jpg
(絵本を読んであげる安井さん)


貧しい地域に有って、貧困と犯罪から逃れ、一時でも子供らしい時間を過ごすことが出来る
シェルターのような場所づくりをしています。

P9161555.jpg

彼等の置かれた状況については、以前のブログをご参照ください。
http://jishoen.blog24.fc2.com/blog-entry-188.html
http://jishoen.blog24.fc2.com/blog-entry-189.html
http://jishoen.blog24.fc2.com/blog-entry-191.html


今回は、古くからの友人の崎村さん夫妻と一緒に訪れました。

P9161549.jpg


崎村さんとは17~8年前にバックパッカーをしていた時に、中国で知り合い、
一緒にチベット~ネパールを回りました。
今は九州大学の医師をしていて、今回は夫婦でラオス北部の小学校支援に来たのです。
久しぶりの一緒の旅は、珍道中で爆笑の連続でした。
年月を経て、同じラオスに支援の縁を持っていたことに、すごく不思議な縁を感じます。


子ども達は皆とても人懐っこくて、かわいいのです。
P9161598.jpg

やんちゃな子ども達は、傷も絶えない。

P9161543.jpg

安井さんが手当してあげます。


P9161592.jpg
(香港から来てくれた保育士アヤコさんが、割りばし鉄砲を作ってくれました)


P9161594.jpg
(図書館員のカオちゃんと奨学生のカムフー)

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
今回は、この子たちを学校に通わせるためのプロジェクトを進めにきました。
そのことは、後程。。。


さて、恒例の川遠足にも行って来ました。
川遊びは危ないので、年上の子ども達で行って来ました。
今回は、行ったことのない場所に行こう!ということで別の川に行きました。
いつも通りトラックは子ども達で満載です。

P9221862.jpg


ところが着いてみると川は渇水気味。

P9221875.jpg

まるで温泉の様です(笑)

307783_429098217128084_573116374_n.jpg


それでも上流の方に上がっていくと、いい川遊びポイントがありました。

P9221926.jpg


子ども達はスパークします!!

P9221906.jpg

P9221920.jpg

P9221908.jpg

こんなに遠いところまで、子ども達皆で遠足に来るというのは、年に一度なので
ほんとに楽しみにしていたようです。


そして、タケノコや山菜をその辺の藪から調達してきて、子ども達に昼食を作ってもらいます。
食材をその辺からさっさと集めてくるのは、すごい!!

P9221930.jpg

料理も上手です!(でも、ちょっと唐辛子入れ過ぎちゃう?)
P9221934.jpg


市場で買ったお魚も焼きました。
P9221936.jpg


焼き魚と、タケノコスープ、パパイヤサラダに、カオニャオ(もち米)のランチが出来上がりました!
408568_429099927127913_313138914_n.jpg
皆で食べるとおいしいね~。(激辛だけど。。。)


子どもたちと再会し川に遠足に連れて行ってあげる!というのも恒例行事なのですが。
今回訪れたのは、以前から安井さんにお願いしていた、学校へ通えなくなる子ども達への奨学金制度を
ほぼ形にしていただいたので、そのスタートを切るためでした。

今回ドンパレープの図書館からノイ、アン、トイ等10名の奨学生第1期生が誕生しました。

他の子の家も、貧しいことは貧しいのですが、とにかく現在は学校に通えているので、
安井さんとも相談し、経済的に最も困っていると思われる、または現実に学校に通えていない
子ども達の家庭を中心にまずは、奨学金を支給することになりました。
学校の登録料、制服やカバンや靴、文具、学校が遠い子には自転車も。
そして、中学を中退してずいぶん年月が経ってしまったトイなどは、復学も難しそうなので
職業訓練校や語学学校への通学支援を行うことにしました。

新しい制服に身を包み、さっそうと自転車に乗って学校に行く姿を想像すると、
嬉しくなってしまいます。


P9222031.jpg


今回も楽しかったね~。
けれど今回は、オオンとは会うことが出来ませんでした。
暫くタイに行ってたけど、ビエンチャンに戻っているとは言っていましたが。。。
それが、唯一の心残り。。。どうしてるだろうか。

(つづく)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| BLOG 長靴を履いた坊主         ~ 那谷寺公益事業清水基金 ~ | NEXT